核家族切迫早産入院日誌

2021年9月〜絨毛膜下血腫による切迫早産での入院日誌

立ち会い出産中止に

出産が近づいてきた。

 

このタイミングで、立ち会い分娩が再び中止に。

産後は1回・15分のみ面会できていたんだけど、それも中止…。

なんとなく予感はしていたけど、現実になってしまった😱

 

個人的には、分娩室での立ち会い…もそうなんだけど、陣痛中に付き添ってもらうことに結構意味があったと思っている。

 

と言うのも、映画やドラマで描写される出産シーンって、きれいすぎるのよ!!

ふとした瞬間に、「うっ」と痛がりだして、次の瞬間には分娩シーン。

「ふーーっ」「ふーーっ」と2回くらいいきんで終了???????

 

実際には、「陣痛かな?前駆かな?」から始まって、10分間隔になるまで何時間も自宅で痛みに耐え、病院に到着しても何時間も、人によっては日を跨いで痛みに耐え、子宮口が開くのを待つ。

子宮口が開いて分娩台に上がっても、そこから何時間もいきみ続けなければならない人もいる…。

もちろんドラマのように、静かに綺麗に産める人もいるでしょうけども

(私のように)叫ぶ人だってたくさんいるはず。

 

陣痛が来るたびに地獄の底からの唸り声、みたいのを上げていたし、いきむときは絶叫。

 

所要時間についても、途中で何が起こるかわからない以上、助産師さんの「あとどのくらい」なんて予測は全く当てにならない。

赤ちゃんの心拍が下がれば、あれよあれよという間に帝王切開に以降するパターンも…。

 

 

世の旦那さん方にも、ぜひこの現実を知ってもらいたい、と思うのです。

 

お産の現実を知れば、この先の子育てだって、思うように進むことばかりじゃない…ってことが、何となくわかるんじゃないだろうか。

 

 

私は、今回は諦めるしかないけれど、

一日も早く、陣痛中も含めた立ち会い、そして入院中の面会が再開されますように。

 

 

 

 

 

おしまい。

 

 

【36w0d】いよいよ感

臨月!

感慨深さを感じる暇もなく、出産に向けてそわそわし始めています。

なぜなら主治医に

「このまま産んで帰りましょう」

とハッキリ言われたから。

 

わたしの場合、頸管長が安定しない…どころか、子宮口が開いたり閉じたりを繰り返してる状態のため

一旦帰って、すぐに舞い戻ってくる

もしくは

帰り道で陣痛が起きちゃう…なんてことも考えられる。

自分としても、前回よりもリスクのある出産になることがわかっているので

家で陣痛を待つのは、正直不安。

 

ということで、36w6dに点滴を切る方向で調整中なのであります。

細かい時間帯等は、これから診察して詰めていくそう。

 

なので、「正期産だ!」と晴れ晴れする暇もなく出産になりそうです。

 

あー、ソワソワする。

 

【シュミレーション】

点滴OFFの前日にシャワー、洗濯。

届けてもらったガーゼハンカチ等も洗っておく。

自販機で麦茶×2、グリーンダカラ×1を調達。それぞれにストローキャップを付けておく。

点滴を外したらピュアレーンでtkbマッサージ。(垢を落として授乳の準備)

 

陣痛室に行くときは、以下を携えて。

携帯、iPad、充電器、飲み物(ストローキャップ)、ウィダー、チョコ、リップ、イヤホン、Wi-Fi、お金、靴下、マスク

 

生まれ次第、赤子の写真撮る。

できたら夫にテレビ電話。

 

 

さて、果たしてこんなにうまくいくんでしょうか……。

 

 

 

 

 

 

f:id:inosung:20220112200842j:image

先週買ったオーザック。一袋食べたら具合悪くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

おしまい。

 

 

献血で倒れた話

最近なにかと献血が話題なので、献血にまつわる恥ずかしい思い出をひとつ…。

 

大学生の頃、私はよく献血に行っていた。

きっかけは大学一年の頃、友人から「無料でアイスが食べられる」という情報を聞いたから…だった気がする。(まとめサイトの情報だった気もする。)

 

一度してみると、まずは献血ルームのスタッフにものすごく感謝されることに驚いた。

逐一体調を気にしてくれて、飲み物やお菓子を次々に勧めてくれる。

入院などしたことがなかった私は、むず痒いような感覚になりながらも

“良いことをして、タダでおやつも食べれて、めちゃくちゃ感謝される”

ということに快感を覚えたのだった。

血液検査の結果を後日郵送してくれるので、それを見比べて「食生活乱れてるからかなー」とか分析するのも面白かった。

 

 

大学最寄り駅の目の前に献血ルームがあったので、バイトや友だちとの待ち合わせ、次の授業、飲み会までの時間つぶしとしてしばしば利用するようになった。

 

 

そんな生活を続けて、大学4年の春。

その日は新宿で映画を見てから、夜友だちと合流してご飯を食べる算段だった。

16時過ぎに映画が終わって、待ち合わせは18時。まあまあ時間が空いている。

その時は就活中であまりバイトにも入れておらず、節約もしたかった。これは、、献血チャンス!!

 

…ということで、向かったのは新宿ど真ん中の献血ルーム。(スーツ屋の上にあるところ。まだあるのかな??)

いつも通り受付を済ませて、血液検査をパスし、ベッドにスタンバイ。400mlの献血が始まった。

しばらくして、何だか眠いような感覚になってくる。うとうとしていると、看護師さんから「大丈夫?」と声をかけられた。

眠いだけだと思ったので、「大丈夫でーす」と答えた、10秒後くらい。

突然グラッッと頭が下がって、視界が朦朧としてきた。

 

貧血だった。

 

看護師さんがすぐさま気付いて、針を抜き、車椅子に乗せられて、専用の個室に運んでくれる。

 

自分から血を抜いてもらいにきて、貧血で倒れる……こんな恥ずかしいことある!!?!

 

個室の中でベッドに横たわり、「とにかく水分を!」と、ありとあらゆるジュースを飲まされる。ドーナツとか、クッキーも。

間抜けな私に、看護師さんは終始優しかった。

 

考えてみれば、今日は朝起きて、食パン一枚食べて、すぐに家を出て。

新宿で色々と用を足してる間も、殆ど水分を摂っていない気がする…。

なまじ3年間の経験があるぶん、「倒れる」なんて夢にも思わなかったのだ。

 

 

これから献血をやってみようかなーと思っている皆さん。

決して特別な対策は必要ないけれど、いつも通りしっかり食事をとって、水分は気持ち多めにとって臨んでくださいね。

 

あーー恥ずかしかった。

 

 

倒れた後はというと、そのまま個室で小一時間休憩をとって、元気になったところで退室。

友だちに陳謝して、数十分遅れでお店に向かったのは良いものの

目当ての店が少し前に「孤独のグルメ」に出ていたと知らず!!

(繁華街にある店じゃないから、予約とか必要無いと思ってた。。)

門前払いをくらって、適当なチェーン店…だったかな…で食事をし、解散したのでした。

 

 

 

 

あーーーーー恥ずかしかった!!

 

まあでも、今は忙しくて余裕がないけど、時間ができたらまた札幌の献血ルームも見てみたいなぁ🤔

 

 

 

 

 

おしまい。

【33w5d】転院

転院しましたー!!

 

リトドリン3A20、ニフェジピン朝晩内服を続けてるにも関わらず、

張ってないときでも頸管6mm程度

内診中に張ってくると、ほぼ0。

予め主治医A先生と、先週エコーで詳しく見てくれた別のB先生で話し合ってくれたみたい。

 

【中の状態】

・臍帯辺縁付着

・卵膜血管あり(胎盤上と、元々血腫があった場所)

・臍の緒の通ってる位置が良くない

・赤ちゃんは元気で大きさ平均的

 

【A先生の見解】

・張りもないし、このまま年末年始を乗り越えられればここで産める

・上の子も病院の保育園に通っているから、転院になると大変なのでは

・ただし、卵膜血管や臍の緒の通り道など、確実に普通よりはリスクがある。それをどう捉えるか。

・年末年始にもし搬送になると、人手不足で対応が遅れる可能性もある

・万一輸血が必要になった場合、取り寄せると2時間程度かかる

 

【B先生の見解】

・微妙な判断だけど、大事をとって帝王切開にしても良いくらい

・転院するのが安全では

※B先生からは状態の説明だけで、直接「こうした方がいい」という話はされなかった。ただ、B先生⇨A先生にこういうニュアンスで話があったらしい。

 

…ということで、絶対今すぐ転院して!というテンションではなかったけど

良く言えば私の希望を尊重して

悪く言えば責任は取れませんというニュアンスで

結局は私に判断が委ねられたのだ…。笑

 

安全面を取るなら、総合病院が良いのは明らか。

引っかかるのは、長男の預け先のみ…。

元々2度目の妊娠にあたっては、保育園と診察の待ち時間が病院選びの決め手だった。

 

長男を産んだ総合病院には何の不満も無かったからすごく悩んだけど、色んなことを天秤にかけて、その時ベストな選択をしたつもりだ。

 

でも、妊娠中にここまで色々なトラブルが起こると話は変わってくる。

やっぱり、出産の時にも何かあるのでは??

今のところ39wで和痛分娩を予約しているけど、今の頸管と子宮口の状態ではそこまで持たないのでは??(和痛は計画分娩オンリー)

 

 

悩んで悩んで、やっぱり、お腹の子の安全より優先するものは無いと覚悟を決めた。

幸い、長男を産んだ病院のベッドに空きがあり、搬送を受け入れてくれることになった。

 

転院して4日目。

今のところ、環境は概ね良し!

・飽きていた病院食が変わった。こっちの食事の方が心なしか味が濃い気がする。

・おやつが出るようになった。

・景色が良くなった。窓も大きい!

・病室が広くなった。(今はMFICU)

売店が充実してる。

 

ただし、、、、

 

部屋が超絶乾燥してる😭😭😭😭😭

 

バスタオル1枚と、フェイスタオル3枚を干しながら寝ていても、夜中喉が乾いて起きるほど。。。。

 

こんなとき、のどぬーる濡れマスクがあれば便利なんだけど

家族はまだしばらく帰省していて、こっちに他に知り合いはいないから

困った困った、、😓

 

 

とりあえず、リップクリームを買いに行かなければ。

 

 

f:id:inosung:20211230092436j:image

牛乳は雪印から森永になったよ。

 

 

 

 

 

 

おしまい。

祝花っていいよね

新卒から4年間勤めた会社では、音楽やアニメ関係の仕事をしていた。

 

こういう仕事だと必然的に、ライブやイベントに赴く機会が多くなる。

会場で必ず目にするのが、「祝花」。

 

新曲のイメージに合わせて

推しのメンバーカラーに合わせて

作品のイメージに合わせて

個人や企業が注文して、花屋さんが会場に飾りに来てくれる。(撤去もしてくれる)

 

特にアイドル・アニメファンの熱量はすさまじく、花だけでなく風船やフルーツ、お菓子のモチーフなど、あらゆるものを駆使して凝りに凝った作品を作り上げてくる。

 

たった一日のイベントのために、持ち帰れるわけでもないのに、下手したら数万円かけて。愛だよね…。

 

でも、花って一瞬でだめになってしまうけど、貰ったときのことは鮮明に覚えてるんだよね。

 

そんなことに影響を受けて、数年前の父の還暦には祝花風のアレンジメントを贈った。

 

f:id:inosung:20211230084543j:image

 

街の花屋さんではまず出てこないアレンジ…!

利用したのは「Sakaseru」という、フラワーデザイナーと個人を繋ぐサービス。

作品例を見ながらデザイナーさんを選んで、予算とイメージを伝えて、直で発送してくれて。

すごくすごく良かったです。

 

 

 

 

 

お見舞いといえばお花だなー💐とぼんやり考えていて、思い出したエピソードでした。

 

 

おしまい。

 

【33w2d】クリスマス、というより

今日はいつもと違う先生の診察。

 

エコーが上手な先生ということで、時間をかけて診てもらった。

結論から言うと、劇的な新発見は無かった。

 

・赤ちゃんの大きさは平均的(1,900gくらい)

・臍帯辺縁付着

・卵膜血管有り

・頸管長6mm

 

卵膜血管があることで、出産時のリスクが普通より上がるのは間違いないそうだ。

 

あとの方針は主治医と、ということで、すごく一般的な話しかされず。

 

まとめると、

「頸管6mmで切迫の度合いは重いです。大事をとってこのタイミングでNのある病院に転院するという判断もあります。このまま下から産もうという判断もあります。あるいはあらゆる可能性を考慮して帝王切開にするという判断もあります。僕からはこうしましょう、と言う話はしません。」

 

ということだった。

その時は正直、すごく冷たい言い方するなぁ😓と思った。

けど、考え方を変えたら

「たぶんこの病院で1番か2番にエコーの技術が高い先生が、20分近くじっくり診て、新しい問題は発見されなかった」

…ということ。

 

(にしたって、もう少し言い方はあると思うけどねー。切迫妊婦はメンタル崩れやすいんだから!😇)

 

 

でも、いいよ。

 

しっかり時間をかけて診てくれたのは間違いないし。

期待してなかったクリスマスディナーでフライドチキン(唐揚げサイズ×2)出してくれたし。

 

許す!!(?)

 

 

 

 

てことで、クリスマスイブ。

でもそんなことより重要なのは、

 

あと一週間で今年が終わるということ!!!!

 

妊婦で年を越せるのを信じて、明日も怠惰な生活に拍車をかける。

 

頑張るぞい😤😤😤

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい。

 

年末年始の過ごし方

M-1も終わってとうとう年の瀬。

33wに突入しました!✌️

頸管長は11mmで、入院時と同じ長さに。NSTではぜーんぜん張ってないんだけど不思議だね〜。。

リトドリン3A20に加えて、内服薬(ニフェジピン)も追加になった。

 

このまま、この病院で新年が迎えられますように…🙏🙏🙏

 

と、いうのも。

夫と息子は義実家(関東)に帰ってしまってるのだ!!

再入院が決まってからというもの、年末年始の過ごし方については頭を悩ませてきた。

 

【帰らない理由】

①早産の可能性が否定できない以上、緊急時にかけつけられる体制を整えておく?

②2歳児と2人で飛行機…ハードル高すぎない?

 

【帰る理由】

①早産したって、どうせ面会できやしない

②万が一早産した場合、子はNICUにしばらく入院、私は自分1人の身体になるので、ある程度自由に動ける

③年末年始、一週間以上?2歳児と2人きりで過ごして、大人と話さないとか、頭おかしくなるよね…??

 

……

………

③の心配が強すぎた🤦‍♀️

 

ということで、万全の準備を整えて、初の父子帰省をすることに!!

 

まず、マンションの目の前にタクシーを予約しておく。

呼ぶのは安心安全のMK。長距離のときはワゴン車で来てくれて、接客は良く、無駄に話しかけてこない。

今回は搭乗する便を把握した上で「雪で道路状況が心配だから」と、早めの出発を勧めてくれたらしい。

 

座席はアップグレードor普通席2席で迷ったけど、ラウンジが使えるアップグレードを選択。

子はリンゴジュースとお煎餅にご満悦で、搭乗までストレスなく過ごせたらしい。

普段は水か炭酸水だもんね、美味しいよねぇ。

(これがのちにプチトラブルへ発展するのだが…)

 

子連れなので、機内には優先搭乗。

興奮して大変だったらしいが、なんとか出発。

珍しく定刻より早めに出発したみたいで、運がよかった。

詳しく聞いてないけど、フライト中は機内で貰えるおもちゃとYouTubeでなんとかやり過ごす。

因みにアップグレードすると、10:30以降出発の便では昼食が提供されるらしい!(※今回使ったのはANAJALもそうなのかな?)

息子は保育園でも家でも11時頃にお昼を食べるので、丁度良いし

退屈させなくて良いからありがたいね〜。

 

そんなこんなであと少しで着陸、というところで私に連絡が入った。

 

 

「お漏らししてる」

 

 

ぎゃーーー😱😱😱

そう、ラウンジでリンゴジュースを飲みすぎたのだ!!

 

 

まあ、冬でよかった!!(?)

羽田でオムツを取り替え、迎えにきてくれた両親の車で旦那実家へ。

車内でお昼寝して、なんとかミッションを達成したのだった…。

 

 

よかった〜〜( ;  ; )

次回からは、飛行機搭乗のときは夜用オムツですね。

でも、ただでさえ雪で運行が乱れがちな時期に、2人きりで無事移動できたのは本当にラッキーだった。

今回は切羽詰まっていたから実行したものの、おススメはしません…。

この季節、飛行機なんて1時間くらいの遅れは普通だし、酷ければ今日は飛びません!ってなもんですからね…。

 

 

私の方はというと、増える手間は洗濯だけなので、気楽なものです。

洗剤 一回分50円

洗濯 一回100円

感想 一回100円

 

 

あとは年末年始を穏やかに過ごせるように、祈るのみ!!!!

 

 

f:id:inosung:20211222174537j:image

 

帰る前に雪遊びもできたよ✌️(withばーば)

 

 

 

 

 

 

おしまい。